おいしいサイズの選び方

美味しいミカンの見分け方

果皮色がオレンジ(橙黄色)であること

同じ産地、同じ系統のミカンの中では、橙色が濃いほど美味しいと言われています。

果皮がなめらかであること(油胞が細かく多い)

皮が柔らかくてしっとりしたミカンがオススメです。

果皮がしまっている。(ブクブクミカンでないこと)

ブクブクしたミカンは味が淡白になる傾向があります。

果皮が扁平であること

扁平な形のミカンであるほど、酸っぱくないと言われています。

ヘタが黄色であること

ミカンの木で完熟になるとヘタの部分も着色します。
ヘタが黄色や橙色に着色したミカンの方が美味しいと言われます。

6.ヘタの切り口が細いこと

ヘタの軸の細いミカンは、下向きになっていたために果実に糖分がたまりやすく、美味しいと言われています。

ミカンを最後までおいしく召し上がっていただくために

なるべく低温、乾燥したところを選んで保存します。または新聞紙を広げてその上に並べておきましょう。
冷蔵庫では新聞紙にくるんで保存します。ただし、青島ミカンは貯蔵ミカンなので皮が少ししんなりしたぐらいが食べごろです。

ページ上部へ戻る